サンプル食品の作り方

飲食店でよく見る食べ物のサンプルは本物と見間違えるぐらいよくできています。
一体どのように作られているのでしょうか。
その過程について紹介します。
まず作りたい食べ物にシリコンを流して型をとります。
そうすることで微妙なくぼみなども正確に再現することができます。
次に食品の色に合わせた塩化ビニールを最初に作った型に流し込み、型ごとオーブンで焼き上げます。
形が大きければ大きいほどオーブンで焼く時間は長くなります。
冷ました後は型から樹脂を取り出して塗装を行います。
最初に薄い色から塗装を行い、その後濃い色を塗装していきます。
塗装作業の仕上げに筆で仕上げの着色をして質感を与えます。
最後に本物の料理と同じように盛り付けると食品サンプルの完成です。
ハンバーグやステーキといった洋食やすしやおでんといった和食、さらにはクレープやアイスといったデザートなども再現できるのでサンプルで作れない食べ物はないと言ってもいいといえます。