食べ物のサンプルの精巧さ

レストランやラーメンや、居酒屋など店頭に並んでいるディスプレイに、その店で提供される食べ物のサンプルが置いてあります。
まるで本物かのようなそれらは、実は蝋や、シリコンなどで作られています。
子供のころはただただおいしそうに見えて触ったりもしましたが、もちろんそれらは食べられないです。
大きくなった今でもおいしそうに見えるほどです。
大人になった今でもそう見えるということは、それほど精巧に作られているということだと思います。
作り方は、原材料の成形から始まり、ある程度の形ができたら、切り出し、仕上げ、色塗りという過程を踏んでおいしそうな食べ物のサンプルが出来上がります。
主に東京都の河童橋というところで製作され、様々な店舗に送り出されています。
今では3Dプリンターというものでも同じような成形ができたりしますが、独特の照りやおいしそうに見せるための技術は、3Dプリンターではまだまだ限界があります。
それを考えると河童橋の技術というのは非常にすごいと思います。